英語のリスニング力を維持しつつ中国語を学ぶ

中国語を学び始めている方の中には、すでに英語力が一定レベルまで達していて、では次に学ぶとしたら中国語だな、というパターンの方も少なくはないでしょう。中国は今後まだまだ発展してく国の一つですからいっちょやっとくか、と。(といいつつ2020年4月現在、世界は中国武漢発のコロナウイルスに振り回されているのですけどね汗)

中国語を学ぶメリットに関しては以前のポストにも書きました。

関連記事

世界は今新型コロナウイルスが蔓延してしまって大変な状況ですね。しかも今回のCOVID-19は中国の武漢発。そんな状況で中国語学習のブログに投稿。。 一年ほど更新を放置しておりましたが、放置していたのには理由がありまして、1年前の段階ではH[…]

ただ、新しく学ぶ言語が増えると多くの人が経験しているように一つ目に学んだ外国語(ここでは英語とします)を忘れていってしまうのです。当然といえば当然で、脳のキャパの問題もあるし、今まで英語の学習に費やしていた時間の大部分を2言語目の学習に割くことになるので英語力の維持が難しくなってしまうのですよね。

そんな時、Youtubeで中国語の学習に役立つ動画やチャンネルをいくつか見ていたら、英語のタイトルの中国語学習の動画が目に留まりました。最初のうちはあまりぱっとしない内容のものばかり、例えばただ単に旅行の時の一言だけ紹介していてその場しのぎの中国語を紹介しているような内容だったり、あるいは英語圏の人がなんか変な発音の中国語だったり。

けれどもいくつかこれは使えるかもというチャンネルを見つけました。内容が豊富で、しかも英語も中国語も発音のよいものがあったのです。英語のしゃべりも米国の超ネイティブのようにごにゃごにゃぼそぼそすぎないし、ブリティッシュアクセントがきつすぎるわけでもなく。

そのチャンネルは
Mandarin MadeEZ by ChinesePod
というチャンネルです。

最近のコンテンツよりも、初期のころのコンテンツのほうをお勧めいたします。英語圏の父親と台湾人の母親を持つハーフのFiona Tianさんという美女がメインで出演していました。

この方の英語は聞き取りやすくゆっくりめで割と平易なので英語を理解しながら、中国語の勉強をするのにぴったりです。

台湾なので繁体字が主に使われていますが、簡体字も併記してあるので両方の字を覚えるのにも役に立ちます。(ただし、中国の大陸と台湾とで使われる単語が違う場合もあるので注意。例えばタクシーは、普通话では「出租车」ですが、台湾華語では「計程車」となりますね。)

より中国語の文法を系統的に英語でリスニングしつつ学びたいのならば、Chinese Zero To Heroというチャンネルが良いです。内容はほとんどパワーポイントのようなスライドの動画ですが、HSKの級ごとにプレイリストが用意されていて、文法に特化した内容になっていて基礎が学べます。英語もしっかり確認しやすく区切ってアナウンスしてくれています。

三つめはちょっとオマケ感がありますが、Learn Chineseというチャンネルです。オマケ、というのは、あまり英語で解説していないので「英語力を維持しつつ」学ぶという趣旨からは外れるからです。けれども基本このチャンネルは英語ベースで内容が進められています。こちらのチャンネルもかなーり丁寧に文法を解説してくれているので基礎の復習に結構役に立ちます。

4つ目はちょっと日本時には聞き取りにくい発音の英語ナレーションによるLearn Chinese with Yi Zhaoというチャンネル。まぁ世界を見てると地域ごとに英語の癖がいろいろあるわけですし、いまや英語は英国だけのものではなく、世界共通の言語になっているので癖のある英語も一つの「標準英語」として当たり前のものとしてとらえると、聞き取りにくい英語も慣れておく必要があります。
とはいってもこのチャンネルの英語はそんなに早くもないしインド英語ほど変発音(?(笑))ではありません。
肝心の内容はというと、中国語の基本的な単語の復習にピッタリのレベルです。中国語入門レベルの人にはぴったりの教材です。

5つ目は割と気に入っている動画です。ケンドラ・ランゲージ・スクールというYoutubeチャンネルにある動画です。このチャンネル、中国語だけでなく他のさまざまな言語の学習動画素材がアップされています。

以下の動画は瞬間中国語作文を日本語→中国語で行うのではなく、英語→中国語で行います。

始めに英語のフレーズの音声が流れ、ポーズの後中国語の文の音声が流れる構成です。英語の語彙力を維持しつつ、中国語の文章を頭の中ですばやく構築するトレーニングに役立ちます。

最新情報をチェックしよう!